2012年02月20日

Fabio Lione & VD 今昔物語part1

Fabio Lioneの素晴らしい歌声を聴きたい!という思いでイタリアへVision Divineのライブを観に行ったのは、2002年の12月。FabioがRhapsody Of Fireと一緒に初来日して大成功をおさめた5月の公演以来、彼の美声が心を離れることはありませんでした。

雪の降るMilanoに到着し、電車で1時間ほどのVogheraへ...。英語の通じにくい地方の街で、親切なイタリア人たちから会場は駅から歩くと1時間はかかると言われ、タクシーでたどりつきました。はるか彼方の極東の島から飛んできた観客を、Vision Divineのメンバーが大喜びで迎えてくれたことを思い出します...。ライブ・ハウスのオーナーにも、"どうしてVision Divineを知ってるんだい?"と聞かれたほど、イタリアでもRhapsodyやLabyrinthほどの知名度はありませんでした。

しかしFabioのパワフルかつ感情豊かなヴォーカルは、長距離のフライトに耐えてでも、イタリアまで聴きにくるに値するものでした。VDの曲調はストレートなロック~メタルという印象で、ライブ映えするタイプの音楽だと思います。この時は、FabioとOlafに手編みのマフラーをプレゼントし、室内は暖房で暑いくらいだったのに、二人が首に巻きつけてライブハウス内をウロウロ歩いていたことを思い出します。

Fabioは、初期のVision Divineの作詞やヴォーカル・ラインの制作にも参加していて、自由な表現ができるからVision Divineが好きだと言っていました。彼のメイン・バンドであるRhapsodyはデビュー当時から知名度のあるバンドでしたが、曲の制作はLucaとAlex以外のメンバーは関わることができなかったからです...。
Olafもこの当時、とても大らかで優しく、思いやりのある人柄で、Fabio以上に親切にしてくれました。

翌年、2003年のHeineken Jammin' FestivalにVision Divineが出演したときも観に行きました。これは、その時のFabioとOlafの写真です。

fabio lione 2003



ところが"The Stream Of Consciousness"アルバムをレコーディング直前に、FabioはVDを脱退...というか、実際にはVDのレコーディングのスケジュールが合わなかったことや、曲のクレジットの問題で、シンガーを変えるということになってしまったのです。

Fabioは数曲の歌詞とヴォーカル・ラインを書いており、このアルバムが一番成功した作品だっただけに、とても悔しかっただろうと思います。Micheleが自分のゲストブックに、Fabioのヴォーカルについて感じのよろしくないコメントを書いていたのをFabioが知って怒り出し、掲示板上で双方のファンも巻きこんで実際にバトっていたことがありました...。すっかり昔のことになり、大人になって和解した二人(!?)の間には、もうそんなことはありませんが。

対立の後、数年が過ぎ...2005年にVDが初来日した時も、ショウを観に行きメンバーに会いましたが、この時はもちろんFabioではなくMicheleがヴォーカリストでした。Olafは、この時は日本のファンに囲まれ、あいかわらずフレンドリーで温かく、笑顔のたえない人でしたが...その後のプライベートなトラブルや、バンド間の揉め事などが多発し、彼のオープンな人柄がしだいに閉鎖的になっていくのを感じました...。

(長くなりそうなので、続きは次のブログ記事に書こうと思います...。)
posted by Princippe Lione at 20:54| Comment(0) | Fabio Lione | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

Fabio Lione & Saints Or Sinners 2/9ライブのビデオ!

Fabio Lione & Saints Or Sinnersのライブの新しいビデオがYouTubeにアップされています!Fabioは、このカヴァー・バンドでQueenの "I want it all"を熱唱しています。

イタリアのMassaという地方都市でのライブで、大雪の後のイタリアはめちゃめちゃ寒かったようです...。Fabioの美声はあいかわらず素晴らしい響きで、音質がいまひとつなビデオの中で、Fabioの友人たちが演奏しているバックの楽器隊がショボ〜ンとして聴こえるのに、彼の声だけが冴え渡っているのはさすがです。



ほんとうにイタリアの小さなライブハウスで、観客もほぼ友人のみというのが、もったいない!しかし、カヴァー・バンドでは世界各国のツアーとかムリそうですもんね...。
Rhapsody Of Fireの4月からのヨーロッパを前に、FabioはしばらくPurplesnakeなどイタリアのアーティストたちと活動を続けるようです。

前回の1/10のSaints Or Sinnersのライブのビデオはこちら。Europeの"Carrie"など名曲を歌っています。



2010年12/18のライブでは、Bon Joviの"You give love a bad name"などをカヴァー。こういうカヴァー・ソングのアルバムも聴いてみたいけど...原曲の著作権料がめちゃ高そうです...。



Fabioには、仲良しの友人たちとカヴァー・ソングを楽しむのもいいけれど(確かに何を歌っても上手いし...)ファンの皆さんが希望されているのは、第一にRhapsody Of Fireとの活動、第二にソロ・プロジェクトなんですよね...これからの彼の多彩な活動に、期待したいと思います!
posted by Princippe Lione at 14:30| Comment(0) | Fabio Lione | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

Fabio Lione - Piccolo Fabio!

Fabio LioneとRhapsody Of Fireが、「イタリアの新星」としてデビューした当時から大好きです。メインに、このブログでは、Fabio LioneやRhapsody Of Fireをメインに、写真やアートワークなど画像をアルバム風に紹介していこうかな...と思っています。

最初に、Fabioの子ども時代の写真を...
Fabioは、1973年10月9日に父Vincenzo Tordiglioneと母Rosetta Belmonteの間に長男として生まれました(Marcoという弟がいます)。Fabio本人が、自分の誕生日はJohn Lennonと同じだと言っていました。(微笑)

FabioのBiography(アーティスト経歴)をJapanese Official Siteに書いた時、"子どもの頃に合唱団で歌っていたんだよ"みたいなエピソードを期待していたのですが...子ども時代の音楽への興味はラジオを聴く程度。小さなFabioは、動物の絵を描いたりビデオゲームで遊ぶのが好きな子どもでした。

piccolo-fabio1.jpg

Fabio Lione childhood 1

この小さなFabioとおサルの写真を公開した当時、"子どもの頃のFabioって、すごくかわいい~!”という反応より、"え〜っ!なんでFabioとサルが一緒に写ってるの?"というファンの反応のほうが多かったことを思い出します。動物大好きなFabioらしい思い出の写真です。
Biographyでは写真が正方形にカットされていますが、特にFabioから家族の顔を出さないでくれという要望はありませんでした。(伏し目にした時の目のあたりや鼻のラインetc...やっぱり似てますよね。)

家族については、Fabioは最近もビデオ・インタビューなどで母や叔母のことを語っていますが、父のことは話題に出てきません。2001年の彼の言葉に、"A particular, strange, and a little sad year for him..."(Fabioにとって特別な、いつもとは違い少し悲しい年だった...)という表現がありますが、この時に父親を失くしたのでは...と思いつつ、とても聞きづらいことなので未だに確かめていません。

piccolo-fabio2.jpg

そして幼稚園でのFabio...今と同じ大きな瞳、明るい笑顔が印象的です。青いクレヨンの線が髪のあたりに描かれているのを見ると、Fabioは小さな時から青色が好きだったようです。(この写真を見たFabioのイタリア人の友人から"いつの間にそんなに毛むくじゃらになったんだい?"というジョークも飛んでいましたが...苦笑)

Rhapsody Of Fireのシンガーとしてその美声と表現力を高く評価され、またKamelotのツアーをはじめ、さまざまなバンドやプロジェクトとの共演でも喝采を得て、世界でもトップ・クラスのアーティストに成長してきたFabio Lioneの原点が、この小さなFabioの写真なのです。
あるファンが、名言を言っていました。
"Little Prince Fabio has grown up to be Great King Lione!"(小さなFabio王子は、成長して偉大な王Lioneになった!)
posted by Princippe Lione at 19:57| Comment(0) | Fabio Lione | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。